偏食女がジューサー生活でピカピカお肌になったきっかけ

ジューサーについていろいろと書いてきましたが、実はわたし、ほんの1年前まではジューサーが何かなんて全然知らなかったんです。

ジューサーがどうのこうのよりも、健康に気をつかうこともまったく考えたことがありませんでした。

朝起きたらすぐにインスタントラーメン、お昼に菓子パン、夜は外食と好き放題。

とくに健康に不安を感じたわけじゃなかったんですが、ある日電気屋に行って貯まったポイントで何かを買おうと思いつきました。

そこで買ったのがジューサー。そうです、なんの計画もなく適当に、しかもポイントで買ったのがジューサーとの出会いでした。

どうせタダで手に入ったんだし、毎日新鮮な生ジュースを作ってみようと思ったのがはじまりでした。

レシピを猛勉強するうちに「ジューサーって、野菜が必要なの!?」とそのときはじめてきづきました。

野菜嫌いのわたしは、ジュースなのだから果物を使うものだと思い込んでいたのです。

「野菜嫌いの人でもおいしく飲める!」と書いていてもまったく信用できません。

そんなわたしがはじめて作ったジュースはニンジンオレンジ。

こんなにおいしい野菜ジュースは飲んだことがありませんでした。

それ以来毎日いろんなレシピを楽しんでいますが、酷い便秘も吹き出物も、シミも残らず消えました。

元の食生活が悪すぎたせいもあるでしょうが、毎日ピカピカのお肌で起きられるのは嬉しいですよね。

ジューサーの一番の魅力はそのおいしさ。

どんなにお肌や健康によくてもまずかったら続けられません。これからジューサーをはじめようとしている方も、「おいしけりゃいい」というような気軽な気持ちで、どんどんピカピカになっていってもらいたいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.philbartle.org/mt-tb.cgi/14

コメントする